塗装についての知識

脚立で作業する

塗り壁の種類や材質など

壁の仕上げには乾式工法と呼ばれるビニールや紙など接着剤で貼っていく方法と、湿式工法と呼ばれる左官屋が鏝やローラーを使う塗り壁があります。 塗り壁の場合、鏝やローラーを使うため表情がでることと、継ぎ目のない一体の壁面を作れることが特徴です。 何より、防火断熱性に優れ調湿効果もあります。高温多湿の日本のならではですが、湿気の多いときは吸収し、乾燥しているときに湿気を放出します。つまり呼吸しているわけです。 では塗り壁の種類をみてみます。 土壁といわれる土もの。 土を使った左官仕上げの壁のこと。有名なのはジュラク壁で京都付近で産出した土を用いたものです。温かみのある砂壁状の表面になります。耐火性に優れています。 漆喰壁。 これは、消石灰に砂と糊などを混ぜ土壁の上に塗るものです。調湿性や断熱防火性に優れています。

こだわりの壁を選びたい。

珪藻土。 海や湖に沈んだプランクトンの残骸を採取したものです。これはホルムアルデヒトの吸着分解や保温性断熱性にも優れています。 プラスター。 鉱物質の粉末と水を練り合わせた壁。ドロマイトプラスターや石膏プラスターなどあります。 仕上がりが輝きのある白で美しく、西洋漆喰と呼ばれることもあります。 繊維壁。 パルプや紙繊維、化学繊維などを糊で練り合わせたもので最近はあまり使われなくなったようです。 様々な種類の壁があります。 まだ種類はあるのですが施工を依頼する時は、それぞれ特長を生かした空間や場所など打ち合わせをしたほうがいいでしょう。 天然素材の特徴ですが、ヒビやクラックが入ってしまいます。しかし、天然素材ならではの味になるので、そのあたりも楽しみながら、こだわりの塗り壁を選びましょう。

注目の記事