塗り壁の素材

大工の見習い

健康志向にぴったりな珪藻土の性質

昨今、もっとも人気のある塗り壁の素材は、珪藻土です。 珪藻土は、藻類の一種である珪藻の殻の化石が堆積した層から採れる土を主原料として、石灰や糊を混ぜて固める左官材です。 珪藻土に注目が集まる契機となったのは、シックハウス症候群が問題になったことでした。 吸放湿性能、断熱性能、保温性能が高い珪藻土は、結露を防ぎ、ダニやカビを発生しにくい上に、空気浄化作用もみられるため、シックハウス症候群対策として、最適な塗り壁の材料として人気を呼ぶようになりました。 もともと、漆喰などとくらべて施工が容易な製品でしたが、近年ではますます、施工性のよい製品が出まわるようになってきました。 下塗りが不要なものや、石膏ボード下地やクロス張りの上からでも塗れるものなどをはじめてとして、今後ますますこうした施工性のよい製品が増えていくことが予想されます。

珪藻土の塗り壁で注意すべきこと

塗り壁の素材としての珪藻土は、固化した珪藻の殻が壊れない程度に粉砕したものを主原料としています。そして、粒子の形状は元の珪藻の種類によってさまざまな色や形があり、それが温かみのある風合いを感じさせます。 そのため、漆喰の金ゴテ仕上げのような平滑で光沢のある仕上げの塗り壁には、あまり適していません。素材の性質をよく理解した上で、用いることが大切でしょう。 また、珪藻土は薄塗りで仕上げることも可能です。ただ、吸放湿性能や断熱性能、保温性能といったような機能面を特に重視する場合には、珪藻土の含有量が多い製品を選択し、ある程度の厚みをもって仕上げることが大切です。 さらに、壁の一面だけをアクセント的に塗るのではなく、出来るだけ広範囲に塗るようにすることも必要でしょう。

注目の記事